2017年6月1日木曜日

薪能くるす桜30年記念特別展「能面打・臼田祐翠の30年の歩み」

地元郡上市大和町に在住する能面打・臼田祐翠さんの能面展を開催します。

臼田さんは今からちょうど30年前の昭和63年に能面に出会い、能面打としての道を歩み始めました。平成5年に古今伝授の里フィールドミュージアムが開園すると、篠脇山荘で個展を開催。その作品をみた観世流能楽師シテ方味方健さんが、能面打・見市泰男さんを紹介してくれ、以降、見市泰男さんに師事しながらに本格的に能面打の道に踏み出しました。

薪能くるす桜をボランティアスタッフとしても支えている臼田さん。薪能くるす桜も30年、臼田さんも能面打の道に入って30年ということで、今回、「能面打・臼田祐翠の30年の歩み」と題した特別展を開催することになりました。

会場では、能面をかけてみる体験コーナーも設けます。能面をかけて記念写真を撮影してみては?

ぜひ一度、お運びください。

■ 会期
平成29年6月1日(木)~7月10日(月) 9:00~17:00
※期間中、火曜日休館

■ 会場
古今伝授の里フィールドミュージアム 東氏記念館 企画コーナー

■ 観覧料
大人310円、小中学生100円、未就学児無料
※本展のほか、東氏記念館・和歌文学館・大和文化財収蔵展示館もご覧いただけます。
※能面かけは、東氏記念館受付にて行っています。展示をご覧にならず、能面かけのみ体験する
場合は、観覧料は必要ありません。

■ 内容
・臼田祐翠の能面(処女作から最新作まで)
・能面「小面」のできるまで(工程紹介)
・臼田祐翠の能面を題材とした短歌作品(木島泉氏)
・能面かけ体験

■ 臼田祐翠さんと能面の出会い
臼田さんと能面との出会いは30年前になります。知人が制作した般若の面に感動し、能面を作り始めました。しばらく独学で創作を続けていました。転機は平成5年のことでした。古今伝授の里フィールドミュージアムの開園を機に、初の個展を開催しました。そこで「くるす桜」の改作者である観世流能楽師シテ方の味方健さんから、現在の師である見市泰男さんを紹介されました。以後、臼田さんの作品は飛躍的に洗練されていきました。これまでに制作した能面は、平成8年の京都薪能、同14年のくるす桜の舞台でも使用されました。また、今年の薪能くるす桜の「土蜘蛛」でも使用される予定です。

■ 問い合わせ
古今伝授の里フィールドミュージアム
TEL(0575)88-3244
FAX(0575)88-4692

2017年5月31日水曜日

白山開山1300年祭・白山長滝法楽連歌会&講座「連歌と信仰」

「5・7・5」と「7・7」を交互につないでいき、参加者全員で心をあわせてつくりあげていく文芸、連歌。白山開山1300年を記念し、特別な連歌会を興行することとなりました。あわせて、「連歌とは何ぞや」という方にもわかりやすく理解していただけるような講座「連歌と信仰」も開催します。

泰澄大師が養老元年(717)に白山を開いてから、今年はちょうど1300年。この節目の年に、郡上市内では、「白山開山1300年祭」と題して、様々な催しを開催しています。

この一環として、今回、「白山長滝法楽連歌会」を興行、翌日には、長滝白山神社に奉納することになりました。
長滝白山神社は、白山信仰の美濃側の拠点・美濃馬場(みのばんば)と呼ばれた由緒ある神社です。連歌は、神仏に捧げる最高の供物の一つと考えられてきたので、歴史的にも多くの連歌が、白山神に奉納されてきました。ところが、連歌自体が明治に入って急激に衰退したことなどから、美濃馬場における連歌は、あまり注目されてきませんでした。
今回、開山1300年をきっかけに、白山文化の一つであった連歌を復活させることとしました。これがきっかけとなって、美濃馬場におけ連歌など文芸の研究が発展していくことも願っています。

スケジュールは、初日(6月24日)に連歌会を興行し、世吉を巻き終えます。翌日、10時から、長滝白山神社に連歌を奉納、これに引き続き、講座「連歌と信仰」を開催します。「白山信仰には興味があるけれど連歌はわからない」「どうして白山信仰と連歌が関係あるのか」という方にもわかりやすい講座をご用意しました。講座は参加無料で事前の申し込みも不要ですので、ぜひご参加ください。

■ スケジュール、会場
□平成29年6月24日(土)
 於・古今伝授の里フィールドミュージアム 篠脇山荘
 13:00~ 連歌会(満尾まで、おおむね18:30頃)

□平成29年6月25日(日)
 於・長滝白山神社(郡上市白鳥町長滝91番地)
 10:00~10:30 連歌奉納
 10:30~10:50 瀧宝殿を学芸員の案内により拝観
 10:50~12:00 講座「連歌と白山信仰」
   第1部「連歌と信仰」 竹島一希氏(熊本大学文学部准教授)
   第2部「白山万句」 鶴崎裕雄氏(帝塚山学院大学名誉教授)

■ 参加費
・6月24日の法楽連歌会に参加される方は、1人3,000円の参加費が必要です。(当日の夕食代・翌日の瀧宝殿の拝観料・連歌奉納代を含みます)
・6月25日の講座を聴講される方は、参加費は不要です。ただし、瀧宝殿の見学を希望される方は、入館料310円が必要です。当日お支払いください。

■ お申込み
・6月24日の法楽連歌会に参加される方は、事前にお申込みが必要です。
・6月25日の講座に参加される方は、申し込みは必要ありません。

■ 主催
郡上連歌会

■ 後援
郡上市、郡上市教育委員会、白山開山1300年推進協議会

■ 問い合わせ・お申込み
郡上連歌会 事務局
古今伝授の里フィールドミュージアム
TEL(0575)88-3244
FAX(0575)88-4692

 



2017年5月30日火曜日

第30回薪能くるす桜


毎年恒例の薪能くるす桜。今夏も開演します。
室町時代に生き、武士でもあり歌人でもあった東常縁がモデルの謡曲が、復曲上演されて今年で30回目になります。

樹齢数百年の杉木立の中の拝殿で上演されるこの薪能では、ヒグラシも樹々をわたる風もすべてが舞台の一部。東常縁が大和舞を舞えば、和歌のこころが伝わってくるかのようです。

※名古屋や岐阜からのバスツアーも催行される予定です。

※会場や道の駅、駐車場等を回る無料シャトルバスも12:00頃から運行予定です。


■ 日時
 平成29年8月7日(月)

 開場 16:30
 開演 17:00
 
 終演 20:20頃

 ※明建神社の例祭8月7日に行われます。毎年固定日です。


■ 内容
・仕舞(郡上市立大和南小学校5・6年生による)
・郡上市長歓迎のご挨拶
・舞囃子「高砂」
・能「土蜘蛛」
・火入れ之式
・連歌奉納
・能「くるす桜」


■ 料金
◇大人・自由席 前売り 3,000円 当日3,500円
◇指定席 4,000円
◇18歳以下は無料(自由席のみ対応、学生証等の提示が必要です)
◇能・人形浄瑠璃の共通券 5,000円(自由席のみ対応)
◇18歳以下の方で指定席を希望される方は、指定席チケット4,000円をお買い求めいただくこととなります。


■ チケット販売
◇自由席は6月1日より販売しています。
◇自由席チケットは、大和庁舎、古今伝授の里フィールドミュージアム、道の駅古今伝授の里やまと等で直接購入できます。
◇遠方の方へは電話等にてお申込みいただいた後、チケットと振込用紙を発送しますので、振込用紙が到着しましたらお近くの郵便局窓口またはゆうちょ銀行ATMにてお支払いください。

◇指定席は6月22日(木)10:00~販売開始です。指定席は、指定席申込み専用電話番号080-4848-6404まで直接おかけください。

◇チケットに関するお問い合わせ  
郡上市役所大和振興事務所 薪能くるす桜実行委員会 事務局担当あて
  電話0575-88-2211

■ 駐車場・無料シャトルバスのご案内
◇駐車場
会場周辺の駐車場は、数に限りがありますので、郡上市役所大和振興事務所(旧大和町役場、岐阜県郡上市大和町徳永585番地、電話0575-88-2211)に駐車してください。
駐車料金は無料です。
駐車場からは無料のシャトルバスを15分に1本程度で運行しています。

◇無料シャトルバス
駐車場である郡上市役所大和振興事務所の他、道の駅古今伝授の里やまと、やまと温泉やすらぎ館等をめぐる無料のシャトルバスです。
12:00から運行します。バスは約15分に1本、運行します。
12:00~14:30まで明建神社で行われる県重要無形民俗文化財「七日祭」をご覧になったあと、無料のシャトルバスで道の駅や温泉に行き、17:00に再び薪能の会場である明建神社に戻ってくる、というのはいかがでしょうか?
なお、薪能終了後、シャトルバスは道の駅古今伝授の里やまとやまと温泉やすらぎ館には向かいませんので、車は必ず郡上市役所大和振興事務所に駐車してください


■ チラシや周辺の観光情報等のお問い合わせ
薪能くるす桜実行委員会事務局 もしくは 大和観光協会まで
いずれも(0575)88-2211 郡上市役所大和振興事務所内
 
 
■ 名古屋や岐阜方面からのバスツアーが企画されています。詳細は、各旅行社まで。

◇〔名古屋・東京・大阪の方におすすめ〕
JR東海バスつばめツアー
「薪能くるす桜」鑑賞と「七日祭り」基本プラン
岐阜県重要無形民俗文化財「七日祭り」のクライマックスを見学、古今伝授の里フィールドミュージアムを案内人付きで見学。昼食は、レストラン「ももちどり」のフランス料理。更に冷抹茶と夕食(弁当)もついたお得プラン。薪能の席は指定席です。
詳細はこちら
http://www.jrtbinm.co.jp/tour/tour_detail494.html
ご予約やお問い合わせは
つばめツアー 052-857-0101まで

◇〔岐阜の方におすすめ〕
岐阜バスながら会ツアー
「静寂と闇の中ゆらめくかがり火『薪能くるす桜』」ツアー
古今伝授の里フィールドミュージアムを案内人付きで見学。夕食と薪能のチケットもついて1人6,800円というお値打ちなプランです。薪能の席は指定席です。
詳細はこちら
http://www.gifubus.co.jp/travel/bustabi-link/kangeki/itiran/main.html
ご予約やお問い合わせは
ながら会ツアーセンター 058-240-0291まで






                        
 







◇つばめツアー(JR東海バス)
※好評につき満員となりました。
コース①
地酒の酒蔵見学、フランス料理店「レストランももちどり」でのランチ、岐阜県重要無形民俗文化財「七日祭り」クライマックス見学、フィールドミュージアム内館内見学(ガイド付き)、冷抹茶付き、そして極めつけは薪能「くるす桜」見学という盛りだくさんのコースです。下記のURLをご参照ください。
http://www.jrtbinm.co.jp/tour/tour_detail494.html

コース②
※好評につき満員となりました。
世界農業遺産に認定された「長良川の鮎」にちなみ、郡上の鮎を楽しめるコースも今年新たに登場。詳しくは下記のURLをご参照ください。
http://www.jrtbinm.co.jp/tour/tour_detail495.html

※お問い合わせ・お申し込みはつばめツアー・JR東海バス名古屋旅行センターへ直接お願いします。 電話 052-586-9850(平日・土曜日9:00~17:00)


■ 8月7日(日)当日の明建神社の見どころ
・正午~午後2時30分頃まで、「七日祭り」が執り行われます。岐阜県重要無形民俗文化財に指定されている明建神社の例大祭です。中世の田楽そのままといわれる古式ゆかしい祭礼をぜひご覧ください。

 
■ この薪能の見どころ ■

1.ご当地能であること
 鎌倉・室町・戦国時代初期にかけて郡上を統治した東(とう)氏。この9代目の当主・東常縁がモデルとなっています。各所に、当地の歴史や地名が織り込まれています。
 

2.舞台が素晴らしいこと
 舞台は、明建神社の拝殿。明建神社はもとは妙見宮と言われ、東氏一族の勧進によるものです。拝殿の周囲には、樹齢数百年の杉木立がうっそうと茂り、樹間には星がきらめき、ときにはムササビがサーッと樹々をわたります。
 東常縁が大和舞を舞い、袖をひるがえせば、さっと風が頬をなでるかのような錯覚を感じるほど。自然と一帯となった能楽を楽しむことができる舞台だと思います。

3.観客席と舞台が近いこと
 薪能に行って、能楽師さんが遥か遠くに…という経験はありませんか。ここは違います。客席数も400席程度なので、すぐそこに能楽師のみなさんがいます。

4.子どもたちも参加すること
 薪能が始まる前に、地元大和南小学校5・6年生の皆さんが、仕舞を披露してくれる予定です。

5.和歌をたしなまれる方は必見
 「くるす桜」のモデルは、「古今伝授の祖」ともいわれる東常縁。歌学者、歌人でもあり、和歌10首で奪われた城と領地を取り返した人物です。
 大和舞を舞いながら、和歌のこころを伝えるクライマックスは必見です。

6.連歌が奉納されること
 一世を風靡し、明治に衰退するまで、文芸界で大きな位置を占めていた連歌。この日の前日に連歌が興業され、当日、連歌が奉納されます。

7.まちづくりから始まった薪能
 もともと「薪能くるす桜」は、「わがまちを何とかしたい」という当時の商工会青年部が中心となって初上演しました。以来、途絶えることなく続き、今年で29回目を迎えます。だから、スタッフも地元を思う人たちで構成されています。バザーのテントに顔を出して話かければ、きっと会話が盛り上がるでしょう。

8.18歳以下は無料
  若い世代にも薪能に親しんでもらいたいと、18歳以下の方の入場は無料としています。能は想像力を使って観るものだといわれます。昨今は、テレビでも映画でも、すべての情報が画面に表現されていますね。それに比べると、能は情報が少ないです。でもその分、能楽師の方の動き、囃子方の音の様子などをもとに、どんな情景なのか、何を表現しているのかを想像して観る必要があります。日常生活ではなかなか出会えない場面です。夏休みの思い出づくりに、情操教育に。親子でご観覧ください。


■チラシはこちら