2016年6月1日水曜日

【終了しました】華麗なる能装束と能面展

※今年も唐織や能面などの能装束を展示しました。間近で実際に使っている能装束や能面を見られると好評でした。


第29回薪能「くるす桜」開催を記念し、今年も能装束と能面を展示します。

能「くるす桜」は、室町時代の当地の領主で歌人であった東常縁をモデルとした、当地ゆかりの能です。江戸時代のものと思われる謡曲本をもとに、大幅な改作を経て、昭和63年に初上演されました。この復曲・改作を手掛けられたのが、観世流能楽師シテ方であり研究者でもある味方健さんです。

今回は、味方装束保存会様の協力を得て、能装束や能面等を展示します。

ガラス越しとはいえ、能装束や能面を間近で見る機会はなかなかありません。この機会にぜひごじっくりと観覧ください。

■期間
平成28年7月13日(水)~平成28年8月7日(金)
※期間中、毎週火曜日は休館
※開館時間=9:00~17:00(8月7日も17:00には閉館します)

■会場
古今伝授の里フィールドミュージアム 東氏記念館

■料金
大人310円、小人100円
※通常の東氏記念館・和歌文学館・大和文化財展示館共通券と同じ料金でご覧いただけます。
※20名以上の団体の場合はそれぞれ50円引きとなります。


第29回薪能くるす桜についてはこちらから

■お問い合わせ
古今伝授の里フィールドミュージアム