2017年12月23日土曜日

【作品募集中!】みんなで作る作品展「万葉集の椿・古今集の若菜」展&古今伝授の里の雛まつり

古今和歌集に詠まれた植物をテーマに開催している作品展、梅、桜、萩・桔梗に続き、今年は「椿」と「若菜」をテーマに開催します。
実は古今和歌集では「椿」の和歌がありません。万葉集には秀歌があります。和歌の里として、古今和歌集から少し拡大して、今年は「万葉集の椿、古今集の若菜」と題して開催します。
ちなみに、若菜とは、お正月に雪の下から生える若草(若菜)のことで、縁起物とされました。現在の「七草粥」の植物のことです。
昨年に続き、お雛様の時期でもあるので、同じ会場の別スペースでは、土雛等のお雛様を展示します。

ぜひ今から作品を制作して、出展してください。
(写真は昨年度の「古今和歌集の萩・桔梗」展のものです)

   *   *   *

当園は、古今和歌集の解釈等を秘伝する「古今伝授」にちなんでおり、園内には、古今和歌集に詠まれた植物からなる古今植物園もあります。こうしたことから、今から3年前に、市民の皆様からの提案をうけて、古今和歌集に詠まれた植物をテーマにした作品展を開催するようになりました。

初年度は「梅」、2年目は「桜」、3年目の昨年は「萩」と「桔梗」をテーマに開催しました。

今年は、古今和歌集には詠まれていませんが、園内に多くの花を咲かせ、さらに地域には「ユキバタツバキ」という珍しい自生椿があることから、「椿」も題材にすることになりました。

そこで、今年は「万葉集の椿・古今集の若菜」として開催します。

染め作品、古布細工、絵、陶器など、様々な手法で表現された萩と桔梗の作品が並ぶ予定です。
作品を出品していただくこともできますので、詳しくはお問い合わせください。

また、郡上では旧暦の4月3日に雛まつりをすることから、おなじ会場の別のスペースで、「古今伝授の里の雛まつり」と題して、土雛などを展示します。
お雛様や桃の節句をテーマにした作品も出品いただけますので、こちらも詳細はお尋ねください。

※写真はいずれも昨年度の「古今和歌集の萩・桔梗」展のときのものです。


■ 会期と開館時間(予定)
2018年2月11日(日)~2018年4月7日(土)
10:00~16:00
※期間中、火曜定休

■ 搬入・搬出
搬入=2018年2月10日(土)10:00~
搬出=2018年4月8日(日)

■ 会場
古今伝授の里フィールドミュージアム 篠脇山荘

■ 入場料
入場無料



■ 作品の出品について
次の要件にすべて同意いただければ作品を出品していただくことができます
・「椿」か「若菜」がテーマの作品であること
(例えば椿のほかに春の植物が入っていてもかまいません。)
・「お雛様」や「桃の節句」をテーマにした作品であること
・搬入と搬出にお越しいただける方
・搬入日=2月10日(土)10:00~15:00
・搬出日=4月8日(日)
・1点から何点でも出品いただけます
・ただし、作品数があまりにも多いときは期間中に展示を入れ替えます。展示期間は事務局にご一任ください。
・作品の管理には十分に気を付けますが、万が一、破損や汚損、盗難等があった場合は、ご容赦ください。

■ 期間中にワークショップを開催します
(1)かな書講座
・日時 平成30年3月11日(日)13:30~15:00
・会場 篠脇山荘(予定)
・参加費 900円(抹茶もしくはコーヒー付き)
・持ち物 習字道具
・参加希望の方は1週間前までにお申し込みください。



■ 主催者(共催)
大和地域協議会
古今伝授の里フィールドミュージアム

■ 協力
市民有志の会「古今集の植物で遊ぶ会」

■ お問い合わせ
古今伝授の里フィールドミュージアム
TEL (0575)88-3244
FAX (0575)88-4692





0 件のコメント:

コメントを投稿