2017年2月28日火曜日

みんなで作る作品展「古今和歌集の萩・桔梗」展&古今伝授の里の雛まつり

古今和歌集に詠まれた植物をテーマに開催している作品展、梅、桜に続き、今年は「萩と桔梗」をテーマに開催します。同じ会場の別スペースでは、土雛等のお雛様を展示します。

   *   *   *

当園は、古今和歌集の解釈等を秘伝する「古今伝授」にちなんでおり、園内には、古今和歌集に詠まれた植物からなる古今植物園もあります。こうしたことから、今から2年前に、市民の皆様からの提案をうけて、古今和歌集に詠まれた植物をテーマにした作品展を開催するようになりました。
初年度は「梅」、2年目の昨年は「桜」でした。3年目の今年は、秋の植物である「萩」と「桔梗」をテーマに開催することになりました。
染め作品、古布細工、絵、陶器など、様々な手法で表現された萩と桔梗の作品が並びます。ぜひお運びください。
作品を出品していただくこともできますので、詳しくはお問い合わせください。

また、郡上では旧暦の4月3日に雛まつりをすることから、おなじ会場の別のスペースで、「古今伝授の里の雛まつり」と題して、土雛などを展示します。
お雛様や桃の節句をテーマにした作品も出品いただけますので、こちらも詳細はお尋ねください。

■ 会期
2017年2月15日(水)~2017年4月2日(日)
※期間中、火曜定休

■ 時間
10:00~16:00
ただし、最終日の4月2日(日)のみは14:00まで

■ 会場
古今伝授の里フィールドミュージアム 篠脇山荘

■ 入場料
入場無料
ただし、期間中のワークショップは有料です

■ ワークショップ①「布で桔梗袋をつくろう」
波縫い等簡単な縫い物ができれば大丈夫、布で桔梗袋を作りましょう。
・日時=2月26日(日)13:00~
・会場=古今伝授の里フィールドミュージアム 篠脇山荘
・参加費=1,000円(茶屋いなおほせどりの抹茶券付き)
・講師=布楽の会
・持ち物=裁縫セットをお持ちください
・申し込み=2月23日(金)までにお申し込みください
・申し込み先=古今伝授の里フィールドミュージアム(TEL0575-88-3244)もしくはホームページのお問い合わせフォームよりどうぞ

■ ワークショップ②「書で表現してみよう」
習字が苦手な人、字が下手…という人でも大丈夫、素敵な書の作品に仕上がります。
・日時=3月12日(日)13:00~
・会場=古今伝授の里フィールドミュージアム 篠脇山荘
・参加費=1,000円(茶屋いなおほせどりの抹茶券付き)
・講師=山田白陽氏
・持ち物=裁縫セットをお持ちください
・申し込み=3月10日(金)までにお申し込みください
・申し込み先=古今伝授の里フィールドミュージアム(TEL0575-88-3244)もしくはホームページのお問い合わせフォームよりどうぞ


■ 作品の出品について
次の要件にすべて同意いただければ作品を出品していただくことができます
・「萩」や「桔梗」がモチーフの作品であること
(例えば女郎花のように萩や桔梗以外の植物が含まれていても構いません)
・「お雛様」や「桃の節句」をテーマにした作品であること
・搬入と搬出にお越しいただける方
・搬入日=2月11日(土)10:00~15:00もしくは2月12日(日)10:00~15:00
・搬出日=4月2日(日)14:00~
・1点から何点でも出品いただけます
・ただし、作品数があまりにも多いときは期間中に展示を入れ替えます。展示期間は事務局にご一任ください。
・作品の管理には十分に気を付けますが、万が一、破損や汚損、盗難等があった場合は、ご容赦ください。

■ 主催者(共催)
大和地域協議会
古今伝授の里フィールドミュージアム

■ 協力
市民有志の会「古今集の植物で遊ぶ会」

■ お問い合わせ
古今伝授の里フィールドミュージアム
TEL (0575)88-3244
FAX (0575)88-4692





2017年2月27日月曜日

ワークショップ「書で表現してみよう!」

みんなで作る作品展「古今和歌集の萩・桔梗」展に関連して、会期中にワークショップを開催します。

第2弾は、書で表現する講座です。
ふだん毛筆を持たない方、習字が苦手でとか字が下手でという文字にコンプレックスがある方でも大丈夫です、味わいのある素敵な書作品ができあがります。

参加を希望される方は3日前までに古今伝授の里フィールドミュージアムはお申込みください。


■ 日時
2017年3月12日(日)13:00~

■ 会場
古今伝授の里フィールドミュージアム 篠脇山荘

■ 料金
1,000円(茶屋いなおほせどりの抹茶券つき)

■ 講師
山田白陽氏
郡上市大和町在住。日展等多くの公募展に入選経歴を持つ。白陽書道教室では、墨彩画も教えている。「歌となる言葉とかたち」にも毎年参加。

■ お申込み
3日前までに古今伝授の里フィールドミュージアムまでお申込みください。
電話(0575)88-3244(火曜定休)
ホームページのお問い合わせフォームからもお申込みいただけます。

2017年2月26日日曜日

島津忠夫先生追善・花の下連歌


古今伝授の里フィールドミュージアム文学顧問で、国文学者・歌人として活躍された島津忠夫先生の追善連歌会を開催します。
ちょうど、妙見の桜並木もほころび始める頃です。ぜひご参加ください。


   *   *   *


■ 日時
平成29年4月8日(土)午後1時から満尾まで

■ 会場
古今伝授の里フィールドミュージアム

■ 参加費
2,500円(夕食弁当、湯茶代として)

■ 参加申し込み方法
参加を希望される方は3月24日までに古今伝授の里フィールドミュージアムあてにご連絡ください。事前に付け句をお願いしたいと考えておりますので、お申し込みの際は、お名前、ご住所の他、ファックス番号もしくはメールアドレスもお教えください。

■ お申し込み先
古今伝授の里フィールドミュージアム
電話(0575)88-3244(火曜定休)
FAX(0575)88-4692


■ 開催趣旨(抄)
 古今伝授の祖・東常縁ゆかりの岐阜県郡上市大和町「古今伝授の里」には、「妙見の桜並木」があります。東氏一族が勧請した妙見宮(明建神社)の横参道にあたり、約二三〇メートルのサクラのトンネルが続きます。東氏一族がこの地に居館を構えていた頃は、馬場だったと流鏑馬の稽古をした場所だったとも伝えられるこの桜並木にちなみ、花の下連歌会を計画しました。
 期日の四月八日は、例年では花鎮めにはやや早く、妙見の桜並木は、百本余りのサクラの蕾がほころび始める頃ですが、この地を愛された島津忠夫先生の一周忌の前にあたりますのでこの日といたしました。なお、連歌懐紙は、妙見の桜並木を見下ろす地にある島津忠夫先生の墓所に奉納したいと考えています。

 

2017年2月25日土曜日

ゆきばた椿まつり


ユキツバキをヤブツバキが自然交配したとされる「ユキバタツバキ」の自生地が郡上市大和町にあります。このユキバタツバキを知ってもらい、自生地の保護を図りたいと20数年前に始まったのが、「ゆきばた椿まつり」です。
古今伝授の里フィールドミュージアムの春の催しとしてすっかり定着したこの「ゆきばた椿まつり」を今年も開催します。

年々、椿の開花時期が早まっているので、お越しいただいたお客様によりよい椿の花をご覧いただくため、今年は例年より1週間早く、4月15日・16日に開催することとしました。自生地見学会や椿グッズの販売、花の宴コンサート等、例年とおり計画しています。

ちょうど妙見の桜並木も楽しめる頃です。ぜひお誘いあわせのうえ、花のミュージアムへお運びください。

■ 日時
2017年4月15日(土)・16日(日)10:00~16:00

■ 会場
□ 第1会場
古今伝授の里フィールドミュージアム 篠脇山荘
・ユキバタツバキのユキツバキ等の展示、椿グッズの販売、椿に関する作品の展示

□ 第2会場
現地会場(郡上市大和町大間見地区)
・自生椿の展示、椿グッズ販売、写真展、喫茶等

■ 料金
入場無料

■ 自生地見学会
古今伝授の里フィールドミュージアムから車で15分程の場所にある自生地に見学に行きます。古今伝授の里フィールドミュージアムから自生地まではマイクロバスで行きます。乗車人数に限りがありますので、希望される方はお早目にお申し込みください。
・日 時  2017年4月15日(土)・16日(日) 13:30~15:00
・定 員  各日25名様
・参加費 200円(現地でのお茶代/当日集めます)


■ 関連イベント
□ 花の宴コンサート
4月15日(土)18:00~レストランももちどりにて「花の宴コンサート」を開催します。詳しくは「花の宴コンサート」のページをご覧ください。

□ 道の駅古今伝授の里やまとでの先行展示
4月12日(水)13日(木)10:00~16:00、道の駅古今伝授の里やまとギャラリーめどに削り花にて、椿の写真や椿の短歌を展示します。


■ 問い合わせ
古今伝授里フィールドミュージアム
電話(0575)88-3244
FAX(0575)88-4692


2017年2月24日金曜日

花の宴コンサート2017

ゆきばた椿まつりの夜の恒例「花の宴コンサート」が2年ぶりに復活です。今年は、ジャズコンサートです。
春の宵、レストラン「ももちどり」のディナーに舌鼓を打ちながら、ぜいたくな時間を楽しみませんか。

■日時
2017年4月15日(土) 18:00~

■会場
古今伝授の里フィールドミュージアム レストラン「ももちどり」

■出演者
ルナアズール

■料金
5,000円(税込)

■定員
50名(定員になり次第締め切り)

■申し込み
予約制で定員になり次第締め切ります。
お申込みは古今伝授の里フィールドミュージアム
TEL0575-88-3244(火曜定休/9:00-17:00)まで必ずご連絡ください。
問い合わせフォームからでもお受けします。

■お問い合わせ
古今伝授の里フィールドミュージアム
TEL0575-88-3244

2017年2月23日木曜日

わかりやすい春の古典講座「平安朝の恋と和歌」

古今和歌集にゆかりの当地で、古典講座を企画しました。
忍る恋、届かぬ想い、命をかけるほどの情熱―
平安朝の女たち、男たちの恋愛事情を和歌から面白く読み解く講座です。

講師は、一流の研究者でありながら、面白く絶妙な語り口も人気の早稲田大学・兼築信行氏です。(講師の肩書きに躊躇せず、ぜひご参加ください!)

講座当日は、妙見の桜並木や「ゆきばた椿まつり」も楽しめることと思います。

ぜひお誘いあわせのうえ、お越しください。

■日時
2017年4月16日(日)13:30~14:30

■会場
古今伝授の里フィールドミュージアム 和歌文学館ラウンジ

■講師
兼築信行氏
(早稲田大学文学学術院教授)

■参加費
310円
(和歌文学館入館料として/和歌文学館の企画展もあわせてご覧いただけます)

■お申し込み
参加を希望される方は3日前までにお申し込みください。
当日も空席があればご参加いただけます。