2017年6月17日土曜日

【終了しました】第5回古今伝授の里・現代短歌フォーラム

※終戦まもない1945年から1954年の岐阜歌壇を素材としながらも、広がりのある有意義な内容となりました。


第5回目となる古今伝授の里・現代短歌フォーラムは、1945年から1954年までの岐阜県歌壇を素材に開催します。

戦中の歌誌統合や言論統制などから解放された歌人たちは、終戦とともに紙不足や新貨切り替え、食糧難などの困難な状況を乗り越えて、短歌雑誌を創刊あるいは復刊します。
岐阜の地でも同様です。終戦から10年間の間は、まるでリトルマガジンの勃興期といっても過言ではないほど、県内各地で短歌雑誌が創刊されました。中には、中央の大手結社の歌誌に全くひけをとらないものもあります。こうした短歌雑誌を中心に短歌のグループが県内各地にできあがり、やがて戦後の岐阜歌壇の形成につながります。

今回は、その戦後混乱期の中で短歌雑誌を作り上げた岐阜歌壇の様子を紹介してもらうとともに、地方歌壇形成をテーマにしたパネルディスカッションを行います。

なお、関連展示として「岐阜県歌壇史をひもとく」を和歌文学館で開催中です。

■ 日時
平成29年7月15日(日)13:30~16:00

■ 会場
古今伝授の里フィールドミュージアム 和歌文学館

■ 内容
テーマ 「新岐阜県歌壇史Ⅰ 1945~1954 -リトルマガジンの叢生期-」
第1部 「戦後短歌雑誌の底力」
     講師・小塩卓哉氏(音短歌会、日本歌人クラブ東海ブロック長)
第2部 「地方歌壇史をどう創るか」
     講師・箕浦由美子氏(岐阜新聞生活文化部長)
         打田翼氏(角川『短歌』)
         豊泉豪氏(日本現代詩歌文学館学芸員)
     コーディネーター・小塩卓哉氏

■ 料金
和歌文学館入館料として1人310円必要です。
和歌文学館の企画展「岐阜県歌壇史をひもとく」もあわせてご覧いただけます。

2017年6月15日木曜日

【終了しました】薪能くるす桜30年記念特別展「能面打・臼田祐翠の30年の歩み」

※臼田祐翠さんの処女作から最新作まですべてを堪能できる展示会でした。能面かけ体験コーナーでは、「翁」で用いられる白式尉が縁起がよいと好評でした。


地元郡上市大和町に在住する能面打・臼田祐翠さんの能面展を開催します。

臼田さんは今からちょうど30年前の昭和63年に能面に出会い、能面打としての道を歩み始めました。平成5年に古今伝授の里フィールドミュージアムが開園すると、篠脇山荘で個展を開催。その作品をみた観世流能楽師シテ方味方健さんが、能面打・見市泰男さんを紹介してくれ、以降、見市泰男さんに師事しながらに本格的に能面打の道に踏み出しました。

薪能くるす桜をボランティアスタッフとしても支えている臼田さん。薪能くるす桜も30年、臼田さんも能面打の道に入って30年ということで、今回、「能面打・臼田祐翠の30年の歩み」と題した特別展を開催することになりました。

会場では、能面をかけてみる体験コーナーも設けます。能面をかけて記念写真を撮影してみては?

ぜひ一度、お運びください。

■ 会期
平成29年6月1日(木)~7月10日(月) 9:00~17:00
※期間中、火曜日休館

■ 会場
古今伝授の里フィールドミュージアム 東氏記念館 企画コーナー

■ 観覧料
大人310円、小中学生100円、未就学児無料
※本展のほか、東氏記念館・和歌文学館・大和文化財収蔵展示館もご覧いただけます。
※能面かけは、東氏記念館受付にて行っています。展示をご覧にならず、能面かけのみ体験する
場合は、観覧料は必要ありません。

■ 内容
・臼田祐翠の能面(処女作から最新作まで)
・能面「小面」のできるまで(工程紹介)
・臼田祐翠の能面を題材とした短歌作品(木島泉氏)
・能面かけ体験

■ 臼田祐翠さんと能面の出会い
臼田さんと能面との出会いは30年前になります。知人が制作した般若の面に感動し、能面を作り始めました。しばらく独学で創作を続けていました。転機は平成5年のことでした。古今伝授の里フィールドミュージアムの開園を機に、初の個展を開催しました。そこで「くるす桜」の改作者である観世流能楽師シテ方の味方健さんから、現在の師である見市泰男さんを紹介されました。以後、臼田さんの作品は飛躍的に洗練されていきました。これまでに制作した能面は、平成8年の京都薪能、同14年のくるす桜の舞台でも使用されました。また、今年の薪能くるす桜の「土蜘蛛」でも使用される予定です。

■ 問い合わせ
古今伝授の里フィールドミュージアム
TEL(0575)88-3244
FAX(0575)88-4692

2017年6月14日水曜日

【終了しました】第30回薪能くるす桜

※薪能くるす桜が中止となりました。台風5号の影響で、お客様の安全を確保できないと判断したためです。30回目にして初めての中止です。楽しみにしてくださっていた皆様、本当にお許しください。チケットの払い戻しに関しては、薪能くるす桜実行委員会事務局0575-88-2211(郡上市役所大和振興事務所内)までお願いします。


毎年恒例の薪能くるす桜。今夏も開演します。
室町時代に生き、武士でもあり歌人でもあった東常縁がモデルの謡曲が、復曲上演されて今年で30回目になります。

樹齢数百年の杉木立の中の拝殿で上演されるこの薪能では、ヒグラシも樹々をわたる風もすべてが舞台の一部。東常縁が大和舞を舞えば、和歌のこころが伝わってくるかのようです。

※名古屋や岐阜からのバスツアーも催行される予定です。

※会場や道の駅、駐車場等を回る無料シャトルバスも12:00頃から運行予定です。


■ 日時
 平成29年8月7日(月)

 開場 16:30
 開演 17:00
 
 終演 20:30頃

 ※明建神社の例祭8月7日に行われます。毎年固定日です。


■ 内容
・仕舞(郡上市立大和南小学校5・6年生による)
・郡上市長歓迎のご挨拶
・舞囃子「高砂」
・能「土蜘蛛」
・火入れ之式
・連歌奉納
・能「くるす桜」


■ 料金
◇大人・自由席 前売り 3,000円 当日3,500円
◇指定席 4,000円
◇18歳以下は無料(自由席のみ対応、学生証等の提示が必要です)
◇能・人形浄瑠璃の共通券 5,000円(自由席のみ対応)
◇18歳以下の方で指定席を希望される方は、指定席チケット4,000円をお買い求めいただくこととなります。


■ チケット販売
◇自由席は6月1日より販売しています。
◇自由席チケットは、大和庁舎、古今伝授の里フィールドミュージアム、道の駅古今伝授の里やまと等で直接購入できます。
◇遠方の方へは電話等にてお申込みいただいた後、チケットと振込用紙を発送しますので、振込用紙が到着しましたらお近くの郵便局窓口またはゆうちょ銀行ATMにてお支払いください。

◇指定席は6月22日(木)10:00~販売開始です。指定席は、指定席申込み専用電話番号080-4848-6404まで直接おかけください。

◇チケットに関するお問い合わせ  
郡上市役所大和振興事務所 薪能くるす桜実行委員会 事務局担当あて
  電話0575-88-2211

■ 駐車場・無料シャトルバスのご案内
◇駐車場
会場周辺の駐車場は、数に限りがありますので、郡上市役所大和振興事務所(旧大和町役場、岐阜県郡上市大和町徳永585番地、電話0575-88-2211)に駐車してください。
駐車料金は無料です。
駐車場からは無料のシャトルバスを15分に1本程度で運行しています。

◇無料シャトルバス
駐車場である郡上市役所大和振興事務所の他、道の駅古今伝授の里やまと、やまと温泉やすらぎ館等をめぐる無料のシャトルバスです。
12:00から運行します。バスは約15分に1本、運行します。
12:00~14:30まで明建神社で行われる県重要無形民俗文化財「七日祭」をご覧になったあと、無料のシャトルバスで道の駅や温泉に行き、17:00に再び薪能の会場である明建神社に戻ってくる、というのはいかがでしょうか?
なお、薪能終了後、シャトルバスは道の駅古今伝授の里やまとやまと温泉やすらぎ館には向かいませんので、車は必ず郡上市役所大和振興事務所に駐車してください


■ チラシや周辺の観光情報等のお問い合わせ
薪能くるす桜実行委員会事務局 もしくは 大和観光協会まで
いずれも(0575)88-2211 郡上市役所大和振興事務所内
 

■ 名古屋や岐阜方面からのバスツアーが企画されています。詳細は、各旅行社まで。

◇〔名古屋・東京・大阪の方におすすめ〕
JR東海バスつばめツアー
「薪能くるす桜」鑑賞と「七日祭り」基本プラン
岐阜県重要無形民俗文化財「七日祭り」のクライマックスを見学、古今伝授の里フィールドミュージアムで開催中の「華麗なる能装束能面展」を能楽師の方に解説してもらえるというスペシャルプラン!(普段はフィールドミュージアムでは行っていません。この日のバスツアーのお客様限定です。)また、レストランももちどりで早めの夕食(ハーフディナー)がついています。
詳細はこちら
http://www.jrtbinm.co.jp/tour/tour_detail575.html
ご予約やお問い合わせは
つばめツアー 052-857-0101まで

清流長良川の郡上鮎料理がついた薪能くるす桜のツアーはこちらです!もちろん薪能は指定席です。
http://www.jrtbinm.co.jp/tour/tour_detail574.html
ご予約やお問い合わせは
つばめツアー 052-857-0101まで



◇〔岐阜の方におすすめ〕
岐阜バスながら会ツアー
「静寂と闇の中ゆらめく篝火『薪能くるす桜』」ツアー
大垣・岐阜・関・美濃で乗降できます。夜遅く車の運転が不安で来られなかったという方、ぜひこのバスツアーでご参加ください。
古今伝授の里フィールドミュージアムで開催中の「華麗なる能装束能面展」を能楽師の方に解説してもらえるというスペシャルプラン!(普段はフィールドミュージアムでは行っていません。この日のバスツアーのお客様限定です。)薪能の席は指定席です。
詳細はこちら
http://www.gifubus.co.jp/travel/bustabi-link/tiiki/toukai/main.html
ご予約やお問い合わせは
ながら会ツアーセンター 058-240-0291まで



■ 8月7日(日)当日の明建神社の見どころ
・正午~午後2時30分頃まで、「七日祭り」が執り行われます。岐阜県重要無形民俗文化財に指定されている明建神社の例大祭です。中世の田楽そのままといわれる古式ゆかしい祭礼をぜひご覧ください。

 
■ この薪能の見どころ ■

1.ご当地能であること
 鎌倉・室町・戦国時代初期にかけて郡上を統治した東(とう)氏。この9代目の当主・東常縁がモデルとなっています。各所に、当地の歴史や地名が織り込まれています。
 

2.舞台が素晴らしいこと
 舞台は、明建神社の拝殿。明建神社はもとは妙見宮と言われ、東氏一族の勧進によるものです。拝殿の周囲には、樹齢数百年の杉木立がうっそうと茂り、樹間には星がきらめき、ときにはムササビがサーッと樹々をわたります。
 東常縁が大和舞を舞い、袖をひるがえせば、さっと風が頬をなでるかのような錯覚を感じるほど。自然と一帯となった能楽を楽しむことができる舞台だと思います。

3.観客席と舞台が近いこと
 薪能に行って、能楽師さんが遥か遠くに…という経験はありませんか。ここは違います。客席数も400席程度なので、すぐそこに能楽師のみなさんがいます。

4.子どもたちも参加すること
 薪能が始まる前に、地元大和南小学校5・6年生の皆さんが、仕舞を披露してくれる予定です。

5.和歌をたしなまれる方は必見
 「くるす桜」のモデルは、「古今伝授の祖」ともいわれる東常縁。歌学者、歌人でもあり、和歌10首で奪われた城と領地を取り返した人物です。
 大和舞を舞いながら、和歌のこころを伝えるクライマックスは必見です。

6.連歌が奉納されること
 一世を風靡し、明治に衰退するまで、文芸界で大きな位置を占めていた連歌。この日の前日に連歌が興業され、当日、連歌が奉納されます。

7.まちづくりから始まった薪能
 もともと「薪能くるす桜」は、「わがまちを何とかしたい」という当時の商工会青年部が中心となって初上演しました。以来、途絶えることなく続き、今年で29回目を迎えます。だから、スタッフも地元を思う人たちで構成されています。バザーのテントに顔を出して話かければ、きっと会話が盛り上がるでしょう。

8.18歳以下は無料
  若い世代にも薪能に親しんでもらいたいと、18歳以下の方の入場は無料としています。能は想像力を使って観るものだといわれます。昨今は、テレビでも映画でも、すべての情報が画面に表現されていますね。それに比べると、能は情報が少ないです。でもその分、能楽師の方の動き、囃子方の音の様子などをもとに、どんな情景なのか、何を表現しているのかを想像して観る必要があります。日常生活ではなかなか出会えない場面です。夏休みの思い出づくりに、情操教育に。親子でご観覧ください。



 









【終了しました】薪能くるす桜上演記念・妙見法楽連歌


※今年も世吉一巻を巻き上げることができました。残念ながら台風の影響で、翌日の薪能「くるす桜」で奉納することはできませんでしたが、明建神社には別の機会に奉納いたします。


室町時代の歌人で武将の東常縁(とうのつねより)は、古今伝授の形式を確立したことで「古今伝授の祖」と言われています。その東常縁が古今伝授を行った相手が、連歌師・宗祇であることから、連歌は「古今伝授の里」にとってもゆかりの深い文芸です。

 こうしたことから、古今伝授の里では、平成3年から連歌会を開催しています。今年も、東常縁をモデルとした能「くるす桜」上演を記念して、8月6日に妙見法楽連歌会を興行することとなりました。
これまでに参加されたことがある方はもちろん、そうではない方も、ぜひご参加ください。

■開催日
平成29年8月6日(日)午後1時から満尾まで

■会場
古今伝授の里フィールドミュージアム 篠脇山荘

■会費
2,000円(夕食代・お茶菓子代として)

■連歌は、翌日8月7日(月)の薪能「くるす桜」の際に明建神社へ奉納されます。

■参加申し込み
弁当手配の都合がありますので、平成29年7月23日までに古今伝授の里フィールドミュージアムまでお申込みください。

■お問い合わせ
古今伝授の里フィールドミュージアム
〒501-4608 岐阜県郡上市大和町牧912-1
電話 0575-88-3244 FAX 0575-88-4692


2017年6月13日火曜日

【終了しました】岐阜県重要無形民俗文化財「七日祭」

※台風が心配されましたが、雨風がひどくなる前に、今年も無事に奉納されました。今年見学にいらっしゃった方の中には、中世の田楽そのものと評価してくださった方もありました。今でも古式ゆかしく守られる、七日祭です。



古今伝授の里フィールドミュージアムは、その名のとおり野外博物館。国名勝東氏館跡庭園、和歌文学館や篠脇山荘、レストラン「ももちどり」等の施設群と、一帯に広がる中世の領主・東氏ゆかりの史跡や豊かな自然等を含んで、「古今伝授の里」「フィールドミュージアム」と呼んでいます。

古今伝授の里フィールドミュージアムの博物館施設のすぐ横には、明建神社(みょうけんじんじゃ)があります。この神社で毎年8月7日に行われるのが、「七日祭(なぬかびまつり)」です。

明建神社は、「古今伝授の祖」といわれる東常縁ら東氏一族が、鎌倉時代に当地を与えられ千葉から当地に入封してきた際に、勧請した神社です。
このときに、七日祭も一緒に伝えられたといわれ、800年余りの歴史があるとされます。

この祭礼の出仕者は、いまでも宮座制(役割が世襲)で受け継がれ、祭礼の1週間前から精進潔斎をするなど、厳かに執り行われています。
更に、この祭礼のクライマックスは「野祭り」と言われ、中世の芸能「田楽」の流れを汲みます。

古式ゆかしいこの祭礼を、今年はぜひご覧になりませんか。

■ 日時
2017年8月7日(月) 12:00~14:30頃

■ 会場
明建神社(郡上市大和町牧)
※古今伝授の里フィールドミュージアム(郡上市大和町牧912-1)隣接

■ 駐車場
古今伝授の里フィールドミュージアムの駐車場をご利用いただけますが、当日は、同夜に開催される薪能くるす桜の準備などのため、全面的にご利用いただけません。
12:00から無料シャトルバスを運行しますので、お車でお越しの方は、郡上市役所大和振興事務所(大和庁舎、岐阜県郡上市大和町徳永585番地、電話0575-88-2211)に駐車して、無料シャトルバスにて会場までお越しください。

■ 無料シャトルバス
郡上市役所大和振興事務所駐車場の他、道の駅古今伝授の里やまとややまと温泉やすらぎ館にもまわります。
12:00から約15分間隔で運行します。
14:30まで「七日祭」をご覧になったあとは、無料シャトルバスにて、道の駅古今伝授の里やまとややまと温泉やすらぎ館(7月6日リニューアルオープン)に移動した後、再び無料シャトルバスにて明建神社に戻り、17:00~の薪能くるす桜(有料)をご覧になりませんか。
なお、薪能終了後、無料シャトルバスは道の駅古今伝授の里やまとややまと温泉やすらぎ館には向かいませんので、お車は、必ず郡上市役所大和振興事務所駐車場に停めてください。

薪能くるす桜はこちらから
道の駅古今伝授の里やまと・やまと温泉やすらぎ館はこちらから


■ 岐阜方面、名古屋方面からのお客様へ
名古屋発着、大垣・岐阜・関・美濃発着のバスツアーがあります。このバスツアーは、七日祭の見学と薪能くるす桜の観能がセットになっています。
◎名古屋発着
JR東海バスつばめツアー http://www.jrtbinm.co.jp/tour/tour_list.html
◎岐阜方面発着
岐阜バスながら会ツアー http://www.gifubus.co.jp/travel/tour/


■ お問い合わせ
古今伝授の里フィールドミュージアム
電話(0575)88-3244